当ブログ使用テーマ「SWELL」はここから♪

【月額2,980円で20GB】ドコモ「ahamo」のメリット・デメリット

読者

ドコモのahamoのメリットやデメリットが知りたい。
大手キャリアなのに「月額2,980円で20GBも使える」って、本当に大丈夫なの…?

こんな疑問に答えます。

2020年12月3日、ドコモが「ahamo」という新料金プランを発表しました。

  • 月額:2,980円
  • 月間データ量:20GB
  • 国内通話:5分以内無料

特別な条件がなく、誰でもこのプランが契約できます。

「格安SIMつぶし」と言われるほど、コスパが良いプランで注目されています。

また、「3,000円分のdポイント」がもらえるキャンペーンも開催中

ahamoの提供開始前日までに、専用ページからの事前エントリーが必要です。

気になる人は、忘れないうちにエントリーしておきましょう。

\月2,980円で20GB「ドコモ新料金プラン」/

記事の内容
  • 「ahamo」のとは
  • 「ahamo」のメリット
  • 「ahamo」のデメリット
  • 「ahamo」の事前エントリー方法
著者の情報

どうも、記事を書いているチャット(@chatblog0825)です。

他社から、もっとコスパ・魅力のあるプランがでない限りは「ahamo」ユーザーになりそうです。

au・ソフトバンクが値下げプランを出し渋っている中で、「ahamo」の登場。

かなりいいプランなので、携帯料金を 安くしたい人は要チェックです。

それでは、よろしくお願いします。

目次

ドコモ新料金プラン「ahamo」とは?

ahamoとは、2020年12月3日にドコモから発表された、新料金プランです(ドコモ:報道発表資料)。

auのUQモバイルやソフトバンクのワイモバイルは、いわゆるサブブランド。

ahamoは、ドコモのメイン料金プランであるところも大きな特徴です。

  • 月額:2,980円
  • データ量:20GB/月
  • 国内通話:5分以内無料 etc.

また、料金プランの概要一覧表はこちら。

項目内容
提供開始2021年3月(予定)
月額料金2,980円(税抜)
データ量/月20GB
※超過後は「最大1Mbps」
国内通話5分以内無料
※超過後は「30秒20円」
キャリアメールなし
定期契約/解約金なし
MNP転出手数料無料
契約事務手数料無料
サポート体制チャットでのお問い合わせ
支払方法口座振替/クレジットカード
動作確認端末後日、Webサイトで掲載
受付拠点オンラインのみ
※ドコモショップでの取り扱いや相談は不可
ドコモ新料金プラン「ahamo」の概要

楽天モバイルと月額が同じで、20GBも使えることから、楽天モバイルと比較されていました。

その他にも、契約事務手数料・MNP転出手数料などが無料と、楽天モバイルと同じ条件が並んでいます。

ドコモ新料金プラン「ahamo」のデメリット

続いて、ahamoの主なデメリットについてです。

主に3つのデメリットがあります。

  • 通話無料は5分まで
  • キャリアメールが使えない
  • サポート、申し込み等はオンラインのみ

それぞれ順番に説明していきますね。

デメリット①通話無料は5分まで

国内の無料通話は、5分までという制限があります。

かけ放題プランはあるものの、LINE等以外で電話をよくする人には残念なポイント。

チャット

ないよりは全然ましなんですけどね。笑

デメリット②キャリアメールが使えない

ahamoでは、キャリアメールの提供はありません。

「docomo.ne.jp」をメインに使っている人は、新しいメールアドレスに移行する必要があります。

移行は少々手間ですが、キャリアメールにこだわる必要はないかと。

新しいメールアドレスは「Gmail」がおすすめです。

デメリット③サポート、申し込み、相談はオンラインのみ

ahamoは、ドコモショップなどの実店舗で申し込み等することはできません。

分からないことや不安なことがあったときに、直接店舗で聞きたいという人には、大きなデメリット。

人件費などの費用を削減することで、月額2,980円という破格を打ち出しているので、仕方ないかなと思います。

ドコモ新料金プラン「ahamo」のメリット

ahamoの主なメリットはこちら。

  • 月額料金が安い
  • 人口カバー率が高い
  • 通信速度・安定感
  • ドコモという安心感

それぞれ順番に説明していきます。

メリット①月額料金が安い

ahamoは、月20GBで月額料金「2,980円」です。

他社キャリアのサブブランドである、「UQモバイル」や「ワイモバイル」にも引けを取らない安さ。

メインブランドの料金プランとしては、破格と言えるでしょう。

メリット②人口カバー率が高い

ahamoは、ドコモ回線を利用して通信をします。

ドコモ回線の人口カバー率は99%なので、「つながりにくい」ということはほぼないでしょう。

チャット

比較される「楽天モバイル」の弱いところです。

メリット③通信速度・安定感

人口カバー率が高くても、通信速度や安定感に不安があれば元も子もありません。

繰り返しですが、ahamoはドコモ回線なので、格安SIMのような速度への不安はないでしょう。

チャット

この点も、今の楽天モバイルには圧勝。

メリット④ドコモという安心感

読者

携帯代を安くしたいけれど、楽天モバイルや格安SIMはちょっと…

こう考える人にとって、ahamoはぴったりなプラン。

auやソフトバンクが値下げプランを発表していない今、1番の選択肢になるでしょう。

12/22に、ソフトバンクが「SoftBank on LINE」という新料金プランを発表しました。
回線については「ソフトバンクと同等の品質を担保」と、かなり濁した表現をしています。
実際はサービスが始まってみないと分かりませんが、不安の方が大きいです。
参考サイト
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2012/22/news117.html

「ahamo」の事前エントリー方法

最後に、ahamoの事前エントリー方法を紹介します。

といっても、キャンペーンサイトから電話番号とメールアドレスを入力するだけなので、簡単ですよ。

「3,000円分のdポイント」がもらえるキャンペーンは、サービス開始前日までにエントリーが必要

1ヶ月分の料金が無料になるようなものなので、エントリーしておきましょう。

  1. ahamo公式サイトへアクセスする
  2. ページを下にスクロールしていく
  3. 概要を確認して「先行エントリーサイトへ」をタップ
  1. 電話番号・メールアドレスを入力し、左下のチェックを付ける
  2. 入力内容に間違いがないか確認し「エントリー」をタップ
  3. この画面が出たら、エントリーが完了
チャット

すぐにメールが届くわけではないようなので、見失わないように要注意です。

「ahamo」は、携帯料金を安くするのにおすすめの料金プランです

ドコモの「ahamo」は、携帯料金を安くするのにおすすめの料金プランです。

キャリアでありながら、月額2,980円はかなり魅力的。

ahamoのメリット
  • 月額料金が安い
  • 人口カバー率が高い
  • 通信速度・安定感
  • ドコモという安心感

本当に申し込むかどうかは、後から決められるので、事前エントリーはしておいて損はないと思います。

サービス開始後に、「やっぱりahamoにしよう」と思ってからでは「3,000円分のdポイント」はもらえないので。

\月2,980円で20GB「ドコモ新料金プラン」/

ソフトバンクから「SoftBank on LINE」が発表され、値下げプランを発表していないのは、auのみとなりました。

現時点で携帯料金を安くしたいなら、今回紹介した「ahamo」。

もしくは、1年間無料キャンペーン中楽天モバイルがおすすめです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです!

この記事を書いた人

楽天経済圏に住む28歳の会社員です。
楽天経済圏、せどり、ブログ、趣味などについて発信していきます。せどり初月で2.5万の利益を達成しました。SWELL大好きな定時退社ブロガーです!

目次
閉じる