当ブログ使用テーマ「SWELL」はここから♪

【LINE使い放題】SoftBank on LINEはありなのか?メリット・デメリットは?

読者

SoftBank on LINEってどうなんだろう?
メリット・デメリットが知りたいな。

こんな疑問に答えます。

2020年12月22日、ソフトバンクの値下げプラン「SoftBank on LINE」が発表されました(公式ページ)。

ドコモ「ahamo」に対抗してきたプランで、かなり似通っています。

他社との差別ポイントはこちらです。

  • eSIMに対応している
  • LINEは通信量ノーカウント

この記事では、「SoftBank on LINE」の概要(料金)・メリット・デメリットを紹介していきます。

記事の内容
  • SoftBank on LINEの概要(料金)
  • SoftBank on LINEのメリット
  • SoftBank on LINEのデメリット
著者の情報

どうも、記事を書いている(@chatblog0825)です。

サービス開始までは分かりませんが、個人的には「ahamo」に揺れてます。

月額料金・月間データ量も、ドコモ「ahamo」と同じです。

auの値下げプランが遅れている中で、発表されたプランですが、その内容はどうでしょうか。

それでは、よろしくお願いします。

目次

【LINE使い放題】SoftBank on LINEの概要(料金)は?

SoftBank on LINEとは、12月22日にソフトバンクから発表された、新料金プラン(プレスリリース)。

LINEモバイルを100%子会社化し、ソフトバンクのメインブランドとしてプラン提供するというものです。

SoftBank on LINEの主な特徴はこちら。

  • 月額:2,980円
  • データ量:20GB/月
  • 国内通話:5分以内無料
  • LINEは通信量ノーカウント etc.

また、料金プランの内容一覧表はこちらです。

項目内容
提供開始2021年3月(予定)
月額料金2,980円(税抜)
データ量/月20GB
※超過後は「最大1Mbps」
国内通話5分以内無料
※超過後は「30秒20円」
かけ放題1,000円
キャリアメールなし
定期契約/解約金ブランド間無料※
MNP転出手数料ブランド間無料※
契約事務手数料ブランド間無料※
受付拠点オンラインのみ(LINE/Webサイト)
ソフトバンク新料金プラン「SoftBank on LINE」の概要

※「定期契約/解約金、MNP転出手数料、契約事務手数料」は、ソフトバンク・ワイモバイル・SoftBank on Lineの間であれば、無料と発表されています。
他社からの場合は、現在発表されていません。

「SoftBank on LINE」のデメリット

続いて、SoftBank on LINEの主なデメリットについてです。

主に2つのデメリットがあります。

  • 通話無料は5分まで
  • キャリアメールが使えない
  • 手続きはオンラインのみ

それぞれ順番に説明していきますね。

デメリット①通話無料は5分まで

国内の無料通話は、5分までという制限があります。

かけ放題プランはあるものの、LINE等以外で電話をよくする人には残念なポイント。

チャット

LINEの通信量がカウントされないので、LINEメインなら全く問題ありません。

デメリット②キャリアメールが使えない

SoftBank on LINEでは、キャリアメールの提供はありません。

「i.softbank.jp」をメインに使っている人は、新しいメールアドレスに移行する必要があります。

移行は少々手間ですが、キャリアメールにこだわる必要はないかと。

新しいメールアドレスは「Gmail」がおすすめです。

チャット

Gmailの登録方法を画像を使って説明しているので、ぜひ参考にしてください。

デメリット③手続きはオンラインのみ

SoftBank on LINEは、ソフトバンクショップなどの実店舗で手続きをすることはできません。

分からないことや不安なことがあったときに、直接店舗で聞きたいという人には、大きなデメリット。

ahamoと異なる点は、LINEで手続きができること。

チャット

簡単で分かりやすい手続きが期待されます♪

「SoftBank on LINE」のメリット

SoftBank on LINEの主なメリットはこちら。

  • 月額料金が安い
  • 人口カバー率・通信速度
  • eSIMに対応している
  • LINEは通信量ノーカウント

それぞれ順番に説明していきます。

メリット①月額料金が安い

SoftBank on LINEは、月20GBで月額料金「2,980円」です。

キャリアのサブブランドである、「UQモバイル」や「ワイモバイル」にも引けを取らない安さ。

メインブランドの料金プランとしては、破格と言えるでしょう。

メリット②人口カバー率・通信速度

SoftBank on LINEは、ソフトバンクと同一のネットワーク回線を利用して通信をします。

ソフトバンク回線の人口カバー率は99%

3大キャリアであれば、この会社は「つながりにくい」ということはないので、通信速度も問題なし…?

チャット

「ソフトバンクと同等の品質を担保」という説明だけが気がかりです…

メリット③eSIMに対応している

SoftBank on LINEは、eSIMに対応しています。

eSIMとは、スマホなどの端末本体に埋め込まれたチップのこと。
・乗り換え時のカードの抜き差しが不要
・複数の携帯電話情報が保存できる
・一つの携帯電話情報を、複数のeSIMで共有できる
このようなメリットがあります(参考サイト)。

ドコモ「ahamo」との差別ポイントの1つです。

メリット④LINEは通信量ノーカウント

SoftBank on LINEは、LINEは通信量ノーカウントです。

1番のメリットであり、他社との大きな差別ポイント

毎月、どのくらいのデータ量をLINEで使っているかを確認してみましょう。

チャット

多く使っている人ほど、恩恵を受けられますよ。

「SoftBank on LINE」は、LINEヘビーユーザーやeSIMにこだわる人におすすめ

「SoftBank on LINE」は、LINEヘビーユーザーeSIMにこだわる人におすすめです。

ahamoの後だしで出したプランということもあり、条件がかなり似通っています。

他社にはないメリットが決め手になるかと。

SoftBank on LINEのメリット
  • 月額料金が安い
  • 人口カバー率・通信速度
  • eSIMに対応している
  • LINEは通信量ノーカウント

3大キャリアで、値下げプランを発表していないのは「au」のみ(12/27時点)。

1月に発表される見通しなので、発表され次第、紹介したいと思います。

現状、「月額2,980円」で各社横並びなので、他社プランも要チェックです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです!

この記事を書いた人

楽天経済圏に住む28歳の会社員です。
楽天経済圏、せどり、ブログ、趣味などについて発信していきます。せどり初月で2.5万の利益を達成しました。SWELL大好きな定時退社ブロガーです!

目次
閉じる